老化防止の情報収集をしてアンチエイジングしましょう。

2010年01月21日

脳トレ生活習慣で老化防止

脳トレは毎日の生活習慣を少し変えるだけで、できます。


老化防止をはかる、脳トレをするには、
家事がいちばん効率がいいそうです。


家事は、複数のことを、同時進行して、
こなしていくので、
主婦は自然に脳トレをしているようなものです。


痴呆症になった方の脳トレの訓練として、
料理をさせたら、
脳の血流がよくなり、痴呆症が改善したという実績もあります。


家事を行うときは、
できるだけ、掃除、料理、洗濯など、
作業を同時進行させながら行ったほうが、
脳トレには効果的だそうです。


また、毎日の運動も大切ですので、
散歩を取り入れたり、軽い筋トレをしたり、
ラジオ体操をしたりと、
生活習慣の中に取り入れましょう。


また、買い物に行くときは、
できるだけ記憶していき、
記憶力を維持する工夫をするというのもいいそうですよ。


毎日の家事をいろいろ工夫して、
脳トレをして、
いつまでも元気に過ごしましょう(^^)




posted by mayumayu at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 老化防止 脳トレ

2008年06月08日

パズルで脳トレ

老化防止脳トレに、パズルで遊ぶ。
これ、子供の遊びだけではないんです。
ジクソーパズルや、さまざまな脳トレのパズルもでていますね。
脳トレを意識して、パズルに取り組んでみましょう。
集中力もつき、楽しさもあり、脳トレもでき、これはいいですね。
お孫さんと競争してのパズル遊びもいいかもしれませんね。

意外と、子供達の遊びの中に、
脳トレにいいという遊びがあるかもしれませんよ。

お孫さんに教えてもらいながら、
コミュニケーションにもなって、
若いおじいちゃんだといわれながら一緒に遊ぶのもいいかも。
そんなものなんて言わずに、
どんどん新しいもの、知らないものに関心を寄せて、
楽しみましょう。

それが、脳トレになります。
老化防止になりますよ。

若い感性をいつまでも持ちましょう。
年だから、○○才だからなんて言わないことですよ。
100歳までしっかり自分の頭で考えて、行動して
元気にいることを目指しましょう。


音楽自動収集

インナーワンピ

お小遣い稼ぎ

デコパーツ

カゴバッグ
posted by mayumayu at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | 老化防止 脳トレ

2008年02月19日

老化防止にボランティア生活


老化防止を兼ねて、地域ボランティアに参加してみませんか。

人と交流する、人の役にたつということは、
脳の活性化にとても効果的なんですよ。

一日、誰とも話さない生活をしていると、
本当に脳が働かなくなってしまいます。
元気がなくなります。

人との交流を通して、相手に合わせながら、
言葉を選び、行動するということは、
脳の活性化にとってもいいんですね。

地域ボランティア、
何か、得意なことを生かして
社会の役に立っているという達成感を得ることで、
老化なんて吹き飛んでしまいます。

人生、死ぬまで、現役でいるためにも、
地域の活性化に、
地域の子供たちのお世話に、
いろいろ活動してみませんか。

地域のお年寄りが元気であれば、
元気な子供たちも育つように思います。
自分の地域からは、いじめをなくそうとか、
子供の自殺を防ごうとか、
大人ががんばると、
子供たちも昔の子供のように元気になると考えるのは、
私だけでしょうか。

posted by mayumayu at 16:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | 老化防止 脳トレ

2008年02月02日

脳速検定で頭の体操、老化防止しましょう

脳速検定というちょっとおもしろいブログパーツを見つけました。

左サイドに貼ってみました。
なかなか、おもしろいですよ。

時間内で行うので、秒速が動き始めると、焦ってしまって、なかなか答えられなかったり、眼がうろうろしたりしてしまいますが。

これも、慣れかしら。

だんだん、できるようになりますよ。

頭の体操にちょうどいいかもね。

最近のブログの話題から、キーワードを拾って、問題になるみたいなので、新しい話題もわかって、一石二鳥かも。

若い人の話題を知るということも、いいことですよね。

毎日3分、脳速検定で、頭のトレーニング、頭の体操をして、
老化防止してみませんか。

検定開始をクリックすると、
説明文があります。
最初に例題が出ますから、問題の答え方が大体わかると思うけれど、
けっこう、楽しいし、頭の中が回転してるって実感できるかも〜



posted by mayumayu at 06:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 老化防止 脳トレ

2007年07月17日

記憶力訓練で老化防止


記憶力を訓練して、脳の前頭葉を活発化させて、
老化防止をしましょう。

記憶力を高めるのには、音読と計算がいちばんいいそうですよ。
音読や、計算の脳トレのドリルなども、たくさん市販されていますね。

記憶するということを、意識してすると、忘れにくいようです。
メモを取る、思い出す工夫をする。
常に頭を働かせましょう。


記憶力を高めるのに、目の運動もよいそうです。
目を左右に動かす、目をぐるぐるまわす。
目の体操ですね。
この目の体操をしてから記憶力テストをした人のほうが、
記憶力が増していたそうですよ。

何事も、脳の働きをよくする体操というものを、
毎朝の体操に取り入れてみるとか、
習慣にすると、苦にもなりませんね。


元気なお年よりは、みんなにも大切にされますし、
いつまでも、知恵袋たるところを孫子に見せ付けたいですよね。
我が家のジジババは、えらい!
すごい、脱帽、尊敬できる!と、言わせましょう。


記憶力訓練で、老化防止をして、
いつまでも、若々しく過ごしましょう。



アミノ酸〜オルニチンで健康パワー
posted by mayumayu at 21:34 | 老化防止 脳トレ

2007年06月19日

物忘れしないコツを把握して老化防止


老化に伴う物忘れって、誰にでもありますよね。

あれ、どこにある?

固有名詞が出てこなくて、こそあど言葉だけで、過ごすと、
本当に、あれ、コレ、何だっけ、になりますよね。

物忘れ、老化防止したい、記憶の衰えですね。

物忘れしないコツは、

1.記憶したいことは、徹底的に繰り返して覚えましょう。
  そして、覚えたら、脳を休ませて、一休み。

2.記憶したいことは、意識して強い印象をつけて、からませて、覚え  ましょう。

3.からだを使って覚えた記憶は、忘れにくいです。

4.からだのリズムにあわせて、朝方のほうが、記憶できます。

5.タバコは、思考力低下やボケを招く危険性大なので、禁煙を心がけ  ましょう。

6.頭の中で何度も繰り返して、イメージして覚えましょう。

7.意味のない数字は、ごろあわせで頭に記憶つけましょう。

8.名刺をもらったときは、とにかく名前を読み、別れ際にもう一度は  前を読み、顔を名前をしっかり一致させましょう。

9.野菜ジュースの摂取、知的な活動、運動を、積極的に、日常生活に  とり入れて、認知症を防ぐ努力をしましょう。

10.覚えたいものを、左側にして見て覚えると、右脳で覚えやすく、   忘れにくいでしょう。


毎日の生活で、意識して物事を覚える、固有名詞を声にするということで、ひとつ一つを脳に刻み込みましょう。

「これ、それ、あれ、どれ」
こそあど言葉ばかり使うようになったら、要注意ですよ!!


<PR>癒しのクラシック音楽
タグ:老化防止
posted by mayumayu at 13:34 | 老化防止 脳トレ

2007年05月29日

認知症予防の生活習慣

老化に伴う症状で、なりたくないものの第一位は、認知症。

たとえ、身体が動きづらくなっても、頭はしっかりしていたいものですよね。


認知症予防の生活習慣として、取り上げられていること。

1.週3回は野菜ジュースを飲もう

アルツハイマー病の原因として言われていることで、アミロイドという成分が、悪さをしているといいます。

これには、過酸化物質が影響していて、抗酸化物質が、予防になります。

抗酸化物質として、効果のあるものが、ポリフェノール!

ポリフェノールが多く含まれる飲み物として、野菜ジュースや果物ジュースがあげられます。


健康のために、ポリフェノールを多く含む野菜ジュースや果物ジュースを毎日の習慣にしましょう。

632888_healthy_food.jpeg

2.知的習慣が脳を刺激する

アメリカの研究者によると、読書などの知的習慣のある人は、アルツハイマー病にかかるリスクが低いそうです。

知的習慣とは、新聞を読む、本を読む、テレビを観る、ラジオを聴く、
クロスワードパスルなどゲームをする、博物館や美術館などに積極的に出かける、等を、調査したそうです。

日常生活で、このような、知的習慣のある人は、記憶力や認知速度が落ちにくいといわれています。

やはり、このように普段から、頭を働かせる習慣が、認知症を予防するといえるでしょう。


3.適度な運動をしよう

1時間くらいの適度な運動を継続している人は、認知症のリスクがかなり低下するそうです。

散歩でもいいので、少しでもからだを積極的に動かし続けることが、認知症の予防につながっていきます。

軽いラジオ体操でもいいので、意識的に、からだを動かすようにしましょう。


<PR>癒しのクラシック音楽

posted by mayumayu at 16:45 | 老化防止 脳トレ

2007年04月28日

学習療法で認知症予防

認知症予防に脳トレは、今では、当然のようですが、老人保健施設でも、認知症の予防に、学習療法を取り入れるところも出ています。

高齢者の脳機能維持・改善に有効といわれる「学習療法」
指導スタッフと入所者らが会話を弾ませながら簡単な読み書き計算に楽しく取り組んでいるということです。

学習療法室で指導スタッフが「○○さん、おうちはどこでした」
「地域で楽しいことは何でした?」などと、世間話をしながら、ゆったりとした雰囲気づくりから始めていきます。

553792_crazy.jpeg



1けたの簡単な計算の繰り返しや文章の音読、漢字書きなど初めての体験に最初は緊張気味だった入所者らも、すらすらと進むドリルに慣れてくると「楽しいね」「頭を使わないと、もう忘れっぽくて」と、だんだん楽しい雰囲気になっていったそうです。

学習療法とは"脳トレ"でおなじみの川島隆太東北大教授と学習指導の公文が、読み書き計算のドリル教材や指導ノウハウを科学的にシステムとして確立したものです。

個人ごとの度合いに合わせながら、すらすら100点満点が取れるレベルの教材を、指導スタッフと利用者がコミュニケーションを取りながらマンツーマンで取り組んでいます。
難しいとか思わせない程度に、本当に簡単な頭のトレーニングとして、楽しんでできるように仕向けています。

認知症の改善、脳機能の維持を目指して、日ごろから、元気な私たちも、始めたいものですね。


posted by mayumayu at 18:00 | 老化防止 脳トレ

2007年04月26日

イチョウ葉エキスで老化防止

最近、ボケ防止に効果があると注目を浴びているのが、
イチョウ葉エキス。

某有名健康食品メーカーからも、出されていますが。


このイチョウ葉エキス。
ドイツでは、痴呆の治療薬として使用されているそうです。


イチョウというのは、おなじみの銀杏のなるイチョウのことです。

ヨーロッパで使用されているイチョウ葉エキスの原料は、
なんと、日本で採取されたイチョウの若葉だそうです。

567459_chair_1.jpeg



イチョウの葉のエキスは、脳の動脈と毛細血管を拡張させて、
脳の血液の流れをよくして、脳細胞の働きを活発にしてくれるそうです。


中国では、4000年以上も前から、イチョウの実や葉からとった
抽出剤が、薬として重宝されてきたそうです。


現代では、ボケの進行を抑えるために有効といわれています。

アメリカでは、記憶力アップのサプリメントとして、多くの人に愛用されているそうです。

<PR> さよなら加齢臭
posted by mayumayu at 16:00 | 老化防止 脳トレ

2007年04月20日

覚えているのに思い出せない

覚えているはずなのに、いざとなるとなかなか思い出せない

という、老化現象、けっこう皆さん、経験あるのではないでしょうか。


昨日会った人のことを説明するのに、

「ほら、あの人・・・」

「○○さんのこと??」

「そう、そう。○○さんよ〜」


よくある会話じゃありませんか。

604328_country_life.jpeg

覚えられないというのではなく、覚えているけれど、思い出せないというだけのこと。

老化防止のために、物事を覚えるための訓練というのは、毎日何かしらしていると思いますが、老化防止のために思い出すという訓練は、めったにしませんよね。

思い出すという訓練をしていない人に、思い出せないということが起こってしまいます。

覚えていることを思い出すのは、前頭葉の働きですが、記憶というファイルから前頭葉の思い出す場所へのつながりが悪くなっているのです。

脳というところは、常に使っている回路は、強化されて鍛えられていきますが、使わない回路は、だんだん弱って、なくなってしまいます。

思い出すという努力をしなくなると、記憶力というものが、すっかり衰えてしまうのです。

テレビを見たときに、タレントの顔を見て名前を思い出す訓練をしてみる。

思い出すという作業をして、前頭葉の働きをよくする訓練をするということが、脳の老化防止には、必要です。


思い出す訓練を、毎日老化防止のために心がけましょう。




<PR> 生活習慣脳トレで老化防止
posted by mayumayu at 19:32 | 老化防止 脳トレ

2007年04月09日

老化防止を防ぐ脳を元気にする食べ物

脳と食事との関係は??

脳のエネルギーの源は、ブドウ糖です。

脳には、エネルギーとして、1日に120グラムほどの
ブドウ糖が必要です。

このブドウ糖は、毎日食事からとらなければいけません。

ブドウ糖をとるための食品として、

ご飯、パン、めん類などのでんぷん質の食品、


でんぷん質の食品をとると、食べて30分くらいしてから、
血液中のブドウ糖がピークになります。
そして、徐々に脳に送りだされます。

脳に運ばれたブドウ糖は、
また、からだを動かすための運動のエネルギー源にも
なています。

719718_bread.jpeg


朝は、血糖値がいちばん低く、脳の働きも弱くなっています。

朝食抜きは、脳の働きが悪く、
記憶力は低下して、仕事の能率も下がります。


朝食は、でんぷん質をしっかりとることが、
一日の脳の働きをよくすることにつながりますね。



夕食をとらずに、
朝、ブドウ糖を含んだ飲み物と、ブドウ糖を含んでいない飲み物と、二グループに分けて、実験した結果、
ブドウ糖を含んだ飲み物を取ったほうが、
記憶力において、40%も優れていたという報告も
あるそうです。

朝食抜きは、受験生など、学生にとっても、
とんでもないことですね。

脳の健康のためにも、
しっかり、朝食をとりましょう。

<PR> 美容に健康に酸素バー
posted by mayumayu at 20:51 | 老化防止 脳トレ

2007年04月03日

記憶力は大丈夫??脳トレのすすめ

615555_water_lilly.jpeg
記憶力って、年齢を重ねていくと、落ちていきますね。

誰でも、経験はあると思いますが、

あれ、これ、それ。。。

あれ、ナンだっけ。。。

こそあど言葉の連発で、何を言っているのかわからない人、
わからないっていわれてしまう〜

行動の途中で、物をどこかに置いて、
どこに置いたか思い出せない。。。

メモを取る癖をつけましょう。
今日一日の行動予定のメモ、買い物のメモ、
そして、物をしまうときは、とりあえずココにおいておこう
ではなくて、
いつもの場所に必ずしまうようにすること。

記憶力は、訓練次第で、いくらでも向上します。

脳トレのつもりで、書く習慣をつけましょう。
整理整頓も脳トレの一つです。
身だしなみや、自分の部屋の整理も脳トレの一つ。

めんどうくさい、奥様任せのご主人は、危ないかも〜

新聞を読むなど、社会情勢に関心を持つ、
家事や身だしなみに関心を持つ、
自分の生活全般をしっかり自分でできる人は、
基本的に脳トレをしているようなものですね。

料理なんかは、特に、段取り力が必要なので、
素晴らしい老化防止の脳トレです。

自分の記憶力、ときどき、疑ってみましょう。
こそあど言葉が増えてきて、家族に苦情を言われるようになったら、まずいですよ〜

興味関心をいろいろ持つことが、若さの秘訣、老化防止の秘訣でしょうね。





<PR> さよなら加齢臭
posted by mayumayu at 18:08 | 老化防止 脳トレ

2007年03月27日

ウォーキングで脳トレ

497942_yellow_flowers.jpeg
ウォーキングは、健康維持に最適ですが、

ただ、歩くだけではなく、

周囲の景色の様子、家並み、自然の風景などを、

意識しながら、歩きましょう。

<PR> 足やせダイエットで美脚になろう


よく見ると、以前在った家がなくなっていたり、

新しい家が建っていたり、

季節ごとに変わる自然の風景、

草花の名前を覚えたり。


いつも見慣れているはずの風景も

よく観察すると、変化が見られるものですよね。

いつも同じと思わず、関心を持ってみていくと、

さまざまな発見があります。


新しい発見は、脳を活性化させてくれますし、

気持ちが楽しくなりますよね。


posted by mayumayu at 12:11 | 老化防止 脳トレ

2007年03月26日

新聞の音読で脳トレ

418651_news.jpeg
脳トレの第一人者である川島隆太教授の提唱による
「新聞の音読10分で脳力アップ」

音読は脳の活性化をはかるのによいといわれますが、
継続するために、簡単な方法が、
新聞の音読10分を毎朝すること。

これなら、続けられそうですね。

口をしっかり開き、しっかり発音をして、
読むと、かなり、口の周りの筋肉も使います。

口の周りの筋肉を使うということは、
ほうれい線の予防にもなり、
見た目も若くなりますよ〜


<PR> 美容に健康に酸素バー
posted by mayumayu at 15:06 | 老化防止 脳トレ

2007年02月27日

脳トレ

29582_philip1.jpegさまざまな脳トレの方法が、いわれていますが、
「笑い」も脳トレのひとつ。

この度、「笑検」なる、検定も出現しました。

上方の漫才、落語、浪曲、講談、喜劇など演芸の知識を問う「上方演芸クイズ 笑検(わらけん)」が24日、ワッハホール(大阪市中央区)で行われたそうです。大阪府立上方演芸資料館(ワッハ上方)が主催し、会場には関西を中心に11〜74歳の計242人が集合して、上方演芸の専門家らが作成した難問奇問に挑んだそうです。

落語や漫才が大好きな方、また、家族の中での話題作りにもなるし、老化防止にいいという理由で、受けられた方、笑いも検定になるほど、しっかり市民権を得ているということですね。

生活の中に笑いを入れましょう。心と健康の老化防止の必需品です。

posted by mayumayu at 11:22 | 老化防止 脳トレ
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。